今井翼さんが『麒麟がくる』に出演決定

大河ドラマ『麒麟がくる』に今井翼さんが出演することがわかりました。

今井さんの大河ドラマ出演は那須与一を演じた2005年「義経」以来、15年ぶりになります。

今井翼さんが演じる「毛利新介」とはどんな人物なのでしょうか?

今回はこの点について調べてみました。

毛利新介はどんな人物?

今井翼さんが演じる「毛利新介」は、織田信長に仕えた人物で、桶狭間の戦いで今川義元を討つ人物です。

それだけ武勇に優れていた人物ということですね。

その後、目立った武功はありませんが、エリート部隊である黒母衣衆に選ばれているので、その能力を信長に見込まれていたのは確かだと思います。

本能寺の変でも信長に従って上京しているので、最後まで信長に信頼されていたことがうかがえます。

何話から登場?

今井翼さんが『麒麟がくる』何話から登場するかはまだわかりません。

麒麟がくるは現在収録されている放映分が6月7日までで、その後はいったん休止期間に入り、それからまた放送が再開される予定ですが、すでに収録されている分の中に毛利新介は出てくるでしょうか?

確かなことは言えませんが、桶狭間の戦いは近いうちに『麒麟がくる』で描かれると思われます。

残り3回の放映のうちに、毛利新介が登場し、今川義元を討つ姿が描かれる可能性はあるでしょう。

今井翼さんが刀を振るって奮戦する姿も、もうすぐ見られるかもしれませんね。

今川義元を演じる片岡愛之助さんと今井翼さんの戦うシーンは、長く記憶に残りそうです。

何話まで登場する?

毛利新介は桶狭間の戦いでは活躍したものの、その後はこれといった武功はあげていません。

ただ、毛利新介は本能寺の変では信長に従って上京しています。

本能寺の変で信長を守って戦う姿が描かれないかと期待してしまいますが、毛利新介は信長ではなく信忠を守って戦っています。

史実に従うなら、本能寺の変のシーンでは毛利新介の活躍は見られないかもしれません。

ただ、毛利新介は信長のエリート部隊である黒母衣衆にも選ばれているので、常に信長に付き従う姿が見られるかもしれませんね。

『麒麟がくる』ドラマ中で今井翼さんを見かけるシーンは多そうです。

スポンサーリンク