シークワーサーが認知症予防に役立つ理由とは

認知症を薬で治すことは、現在はまだ困難です。
そこで、認知症にならないよう予防することが大事なのですが、
認知症を防ぐうえでとても大事なのが「食べ物」です。

最近、認知症予防のために注目されている食材がシークワーサーです。
すでに沖縄では健康食として知られているシークワーサーですが、
これの皮の部分に含まれている「ノビレチン」という成分が、認知症予防に有効であることが確認されているのです。

ノビレチンにはこんな効果が!

ノビレチンはシークワーサーやポンカンなどの柑橘類に多く含まれている成分で、
抗酸化作用や抗炎症効果などを持っていることがすでに知られていました。
さらにノビレチンは、脳の神経細胞の突起を伸ばす働きがあるため、
神経同士のネットワークがつながるため、脳機能が維持されやすい、つまり認知症予防に役立つということです。
また、脳の神経細胞を傷害するβアミロイドというたんぱく質がありますが、
マウスの実験では、ノビレチンがこのβアミロイドの蓄積をふせぐこともわかっています。

認知症予防のためのシークワーサーの食べ方

ノビレチンはシークワーサーの皮に多く含まれているので、皮をしぼったジュースにして飲むとたくさんノビレチンを取ることができます。
ノビレチンだけをたくさん摂りたければ、そういうサプリメントも販売されています。

ノビレチン以外にもこんな食材にも効果が……

インドは認知症の人が少ないことで知られていますが、これはカレーに含まれるウコン(クルクミン)の効果であると考えられてます。
クルクミンは抗酸化作用や肝機能向上など多くの健康効果が知られていますが、
抗炎症効果が脳に良い働きをもたらしているようです。