年令を重ねると、だんだん体脂肪が気になりますよね。
特に内臓脂肪が多いと、メタボになり、この脂肪から悪いホルモンが出て、
多くの生活習慣病のもとになります。

なので、脂肪を身体に溜め込まないことが大切なのですね。
その助けになってくれるのがヘルシア緑茶。

このヘルシア緑茶は、脂肪を代謝する力を高めるので、
それだけエネルギーとして脂肪が消費されやすくなり、
からだに脂肪が溜まりにくくなるのです。

このヘルシア緑茶の働きは、お茶に含まれている茶カテキンによるもの。
緑茶に含まれているポリフェノールの1種ですが、
これが脂肪の分解と消費をうながすのです。

茶カテキンの入った飲料は、
1日1本継続することで、脂肪代謝量が140%ふえているそうです。
毎日継続して飲むことで体脂肪が減りやすくなるので、
ヘルシア緑茶はまとめて飲むことがおすすめですね。

ヘルシア緑茶はいつ飲んだら効果的なのか?ですが、
ダイエット効果を期待するなら、ヘルシア緑茶を運動する前に飲むことです。
これは、茶カテキンの効果で脂肪が燃焼しやすい状態になったときに運動することで、
脂肪を燃やす効果を高められるからです。

実際、ヘルシア緑茶で痩せられたという方は、
運動とセットでヘルシア緑茶を飲んでいることが多いです。
全く運動なしではダイエット効果も落ちてしまうかもしれません。
脂肪を燃焼するには運動が不可欠なので、やはり有酸素運動は大事です。
ヘルシア緑茶は脂肪を燃やすサポート役と考えるといいでしょう。

有酸素運動としては、ウォーキングやサイクリングなど、
毎日続けられるものがおすすめです。

内臓脂肪が多いと、脂肪組織から出るアディポネクチンという善玉ホルモンが出にくくなるので、脂肪を減らすことは大事です。
ヘルシア緑茶を飲むと同時に、この際運動する習慣もつけてしまいましょう。

なお、ヘリシア緑茶はちょっと苦味があって飲みにくいという方もいます。

苦いのが苦手な方には、ヘルシア紅茶がおすすめです。

こちらはほんのりとした甘みがあるので、ヘルシア緑茶が苦手な方でも飲めます。

もちろんこちらも脂肪燃焼促進効果はヘルシア緑茶と同様です。