これほどはっきり「朗報」といえるものもなかなかないですね。

学習まんがの名作、学研まんがひみつシリーズが、

「もう一度見たい!あのころの学研」として電子書籍で復活していますよ。

このシリーズ、子供の頃に夢中で読みふけった方も多いのではないかと思います。

私はスモールライトのような道具を使って植物の中を探検する「植物のひみつ」や、

忍術・手品のひみつ、恐竜のひみつあたりが好きでしたね。

これ、読んでためになるばかりでなく、本当にマンガとして面白かったんです。

昔読んだ方が思い出にひたるために読むのもよし、

お子さんに読ませる学習まんがとして買うのもよし。

読んで楽しめるマンガであることは間違いないですよ。

そうそう、そういえばこういうのもあったんですよねー。

これ、人魂ってどうしてできるの?ということが、ちゃんと科学的に説明してあるんです。

わたしの母親は子供の頃人魂を見たと言っていましたが、こうして謎解きされてみるとそんなことか、と思いますね。

子供の科学への好奇心って、こういうところから育っていくんですよ。

結局、私は理系には進みませんでしたが……

 

この『コロ助の科学質問箱』、なんと初版が1972年。

もう50年近く昔のことになるんですね。

ひみつシリーズの電子書籍の刊行はまだまだ続くようです。

旧ひみつシリーズはぜんぶで76冊もあるそうなので、できれば全部電子書籍化してほしいですね。

こういうものこそ大人買いしたいものですから。

 

なにしろ1970年台に刊行されているものなので、取っておいているものでも、

かなりボロボロになってしまっているという方が多いはず。

こういう思い出として残したい本こそ、電子書籍化は積極的に進めてほしいですね。