新元号はいつから使われるの?天皇陛下の退位の日はいつ?

現天皇陛下の退位は皇室会議により、2019年4月30日に決まっています。
特例法の内容に従い、天皇陛下の生前退位が行われることが決まりました。
そして新元号の施行、改元の日は翌日の5月1日からとなります。

 

スポンサーリンク




平成が始まる時期を知っている身としては感慨深いですね……
あのときは、小渕官房長官が「平成」と書かれた文字を報道陣の前で掲げている姿が何度も放送されましたが、
この平成ももうじき終わりを告げようとしています。

 

この新元号の名称についてはまだ発表がありません。
2018年中には行われるものと考えられますが、どのように決まるのか、といったことまではわかりません。

平成という元号が決まった時は、新天皇の即位日が新元号の発表日でした。
今回は生前退位という異例の事態となります。

退位された今上天皇は「上皇」と呼ばれることがすでに決定されています。

歴史用語としてしか知らない「上皇」が現実に使われるというのはなんだか不思議な気がしますね。

 

なお、皇位継承のための重要な儀式である大嘗祭は、2019年11月頃に行われると見られています。

 

新元号の発表時期は?

平成のときと同じなら、新元号は新天皇の即位日に発表することになります。
つまり、2019年4月30日ということです。
昭和から平成に改元する時は、昭和天皇が崩御された1989年1月7日の8時間後に発表されました。

 

ですが、今回も平成のときと同じとは限りません。
政府関係者からは、2018年春にも発表してほしいという声が出ていますが、
一方、もっと発表は送らせたほうがいいという意見もあります。
これは、発表を早くしすぎると批判が出るというデメリットがあるからです。

 

今回は生前退位で、いつから改元されるかはすでに決まっているので、
昭和から平成のときのように、即位した直後に元号を発表することはないと考えられます。
おそらくは2018年中のいつかのタイミングで、新元号が発表されるのではないでしょうか。

 

菅義偉官房長官は、12月1日の記者会見で、
新元号の発表時期は「国民生活への影響などを考慮しながら適切に対応していきたい」
と言及しています。

「国民生活への影響」としては、カレンダーやシステムの改修など、
改元することで暦などへの影響が出ますので、
あまり遅くまで待たせることは避けるのだと思います。
その意味でも、やはり2018年中には新元号が発表されると予想されます。

新元号はどんな名称になるのか?

新元号に関しては、今でもネットで色々と予想は出ています。

たとえばこちらの記事では、「玉晴」という予想が出ていますが……

東大生が新元号をガチ予想してみた

この記事中でも書かれている通り、ネットで出てしまった時点でその元号にはならないでしょうから、

新元号を狙って当てることは不可能ということになります。

 

ただし、まったく予想ができないというものでもありません。

今まで使われた元号には、多く用いられている感じがあります。

たとえば、文久、明暦、天文、文化、天明、享和、元治、応永、永仁、応仁……

今まで用いられた元号をみていると、「文」「元」「永」「和」「明」「応」「天」などはたくさん使われていることがわかります。

これらのどれかを一文字使い、もう一文字は今まで使っていない文字……

という組み合わせはありうるかもしれません。

 

明治も大正も昭和も、いずれも「明」「正」「和」という元号によく用いられている文字にもう一字を加えています。

新元号も、過去によく用いられている文字を一文字使うかもしれません。

ただ個人的に、「応」はないような気がします。

御存知のとおり、この字は「応仁の乱」を想起させてしまいます。

中公新書の『応仁の乱』はずいぶん売れた本でしたが、それだけに乱世を想像させるような元号は選ばれることはないでしょう。

 

また、「天」も、天明の大飢饉を想像させるかもしれないので厳しいかもしれません。

天皇が在位している限りずっと使い続ける元号ですので、

やはり縁起がいいものを選ぶでしょうからね。

また、画数の多すぎる漢字もまず選ばれにくいので、書きやすい漢字が選ばれるはずです。

 

ちなみに、元号というのは前漢の武帝の時代にはじまっています。

日本では最初の元号は「大化」です。

大化の改新の大化ですが、今は大化の改新とは言わないそうですね。

 

祝日は増えるの?

 

新元号が施工されると、とうぜん天皇誕生日も変わります。

今上天皇の誕生日は12月23日です。

皇太子殿下の誕生日は2月23日ですので、新元号が施行されるとこの日が天皇誕生日となるのですが、

果たして今の天皇誕生日はどうなるのでしょうか?

 

昭和天皇の誕生日だった4月29日は、現在「みどりの日」としてそのまま休日となっています。

明治天皇の誕生日である11月3日も「文化の日」として祝日となっています。

ということは、元号が変わったら今上天皇の誕生日である2月23日は、

なんらかの休日として残るのでしょうか?

 

実は、祝日法では現在の天皇誕生日がそのまま祝日として残る、

ということは決められていません。

みどりの日が祝日として残ったのは、GWの最初の一日がなくなると国民生活への影響が大きいという配慮からです。

では、12月23日である現在の天皇誕生日が祝日として残るか?というと、

クリスマス前日という時期で、休日であればうれしいですが、

大型連休の間にあるわけでもないため、祝日として残るかははっきりしないところではないかと思います。

 

実は現在、政府では12月23日を平日とすることを検討しています。

というのは、退位されて「上皇」となる現陛下の誕生日を祝日とすることは、

「二重権威」となってしまうから、と指摘されているからです。

現陛下が崩御された場合、誕生日を祝日としても問題はありませんが、

まだ生きておられる上皇陛下のお誕生日を祝日とすることには問題があるということです。

かつて日本には、「院政」の行われていた歴史があります。

それを想起させるような、権威がふたつある皇室になってはいけないという配慮がなされているのかもしれません。

 

 

なお、即位の礼の行われる2019年5月1日は、

祝日か休日にする方向で政府は動いています。

現在の祝日法では、「その前日及び翌日が『国民の祝日』である日は休日とする」

と決められていますので、5月1日が祝日となれば、

前後の4月30日と5月2日も休日となり、

4月27日から5月日(こどもの日の振替休日)まで10日間続くゴールデンウィークとなります。

 

このことはまだ決定事項ではないですが、祝日となることを期待したいと思います。