先日、東京都と埼玉県・神奈川県・千葉県で緊急事態宣言が発出されました。

これを受け、日本マクドナルド社では店内飲食を午後8時で原則休止するとしています。

東京都では1月8日から、神奈川、埼玉、千葉の店舗では12日から午後8時以降は店内での飲食ができなくなります。

これまで夜遅くマックを利用することが多かった方はご注意ください。

持ち帰り・ドライブスルーの受付時間は?

緊急事態宣言中、マックでは持ち帰りとドライブスルーは夜間も対応しています。

夜何時まで営業しているかは店舗ごとに異なりますので、詳しい営業時間は公式サイトの店舗検索で探してみてください。

中には24時間営業の店舗もあります。

営業期間変更の期間はいつまで?

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の店舗では、営業時間の変更は2月7日までとアナウンスされています。

2月7日までも午後8時までは店内で食べることはできますが、感染リスクを少しでも減らしたいならテイクアウトにすることも考えてみましょう。

店内の消毒液を使うのも必須です。

非接触デリバリーサービスも実施中

より感染リスクを減らしたい場合、マクドナルドの「非接触デリバリーサービス」も利用できます。

このサービスでは、マックの配達員が玄関先にデリバリーバッグに入れた商品を置くので、手渡しによる感染リスクを防ぐことができます。

配達員は、玄関から2m以上離れた状態で商品の受取りを確認します。

デリバリーバッグは、商品の受け取りを確認した後に回収されます。

このデリバリーサービスは夜間も利用できます。

ネットの声

https://twitter.com/rainystripe5163/status/1347411975941181441
https://twitter.com/okazoo4/status/1347410581758767104

店内で食べられる時間が短くなる分、ドライブスルーを利用する方が増えるので車の待ち時間は増えるかもしれません。

運転には十分にお気をつけください。