今日は能代市の拉麺哲学にお邪魔しました。

壁に貼ってあるメニュー。

これ、白はごま油が効いていて美味しかった記憶がありますね。

これがメニューなんですが……

値段、ちょっと高くなりましたかね?

塩らーめん、以前は600円だったような。

 

味噌のメニューが多く味噌推しと思われる拉麺哲学ですが、

私はいつも豚骨醤油や塩らーめんを注文しています。

以前は塩は「まろ塩」という名前でしたが、今はシンプルに塩らーめんになりました。

今回は塩を注文。

シンプルなルックスで、中央に鎮座するレモンが清涼感あり。

黄金色のスープには若干の浮き油が目に付きます。

 

スープはほんのりごま油の香るシンプルな鶏スープ。

王道で飽きのこない、万人向けの味付けと思います。

細縮れ麺もこのスープによく合っていて、かつ最後まで伸びない。

特別なものは何もありませんが、ふと思い出したときに食べたくなる、外さない味です。

 

やはり拉麺哲学のメニューはどれも美味しいですね。

強い個性は感じられませんが、それだけに多くの方が満足できるラーメンの優等生と感じます。

こういうお店は長く続いてほしいもの。