今日は能代市のラーメン哲学にお邪魔したんですが……

着席するとなにやら目に付くものが。

なんと!煮干ラーメンがメニューに加わっていました。

塩・醤油それぞれ650円。

このお店では一番安いメニューなので躊躇なく頼めますね。

ちなみに朝メニューだと600円になるようです。

煮干しフリークには嬉しいお値段ですね。

煮干し(醤油)が到着。

ルックスはこのようにすっきりした古典的ラーメンという感じ。

スープはしっかりと煮干しが効いており、そばっぽい感じもしますが多少の油っぽさもありやっぱりラーメンだなぁ、と思えます。

煮干し好きならまず満足できる味ではないでしょうか。

細縮れ麺もスープをよく拾ってくれるし、チャーシューも小ぶりながらおいしい。

強い個性こそないものの、オーソドックスで万人受けする拉麺哲学のテイストという感じです。

煮干好き・魚介ラーメン好きなら間違いのない一杯ではないでしょうか。



今までは拉麺哲学といえば「まろ塩」が一押しだったんですが、今後はこの煮干醤油のために通うことになるかもしれませんね。

麺の食感やスープの味は宝介の煮干中華と似てるんですが、スープはあちらほど油っぽさはなく、すっきりとした味になっています。

能代の煮干ラーメンといえばまずまるとが思い浮かぶんですが、こちらもなかなか。

美味しかったです。