NHKのためしてガッテンで、長芋の健康効果について話していました。

長芋には、レジスタントスターチと言われる物質が含まれています。

レジスタントスターチとは難消化性でんぷんのことですが、これは血糖値の上昇を抑えてくれるはたらきがあるのです。

スポンサーリンク

最近は低炭水化物ダイエットが流行っていますが、徹底しすぎるといも類を避けることになってしまいます。

ですが、芋類でも長芋は多くの健康効果があるので、避けるのはもったいないのです。

というのは、長芋は芋類でもレジスタントスターチが豊富なため、血糖値の上昇を穏やかにしてくれるからです。

また、レジスタントスターチにはほかの健康効果もあります。

岐阜大学の早川享志教授によれば、血中コレステロールや中性脂肪の減少効果も得られるというのです。

悪玉コレステロールや中性脂肪を減らせれば動脈硬化、脳卒中や心臓病のリスクを減らすことができます。

長芋、生活習慣病予防にとてもいい食べ物なのですね。

しかもこのレジスタントスターチ、便秘解消の効果もあります。

番組中では長いもを毎日普通の食事に100g加えて1週間食べると、

12人中8人が便の回数が増加していました。

レジスタントスターチは便のかさを増すことでお通じをよくしてくれるし、また朝のぜん動運動を活発にもするのです。



レジスタントスターチは、でんぷんを多く含む食品に含まれています。

つまり、米やイモ類、豆などです。

ですが、レジスタントスターチは加熱すると量が減ってしまうという特徴があります。

米やイモ類の多くは加熱しないと食べられません。

その点、長いもは生で食べられるので、レジスタントスターチの健康効果を最大に生かせるというわけですね。




さらにレジスタントスターチには、

・美肌などアンチエイジング効果

・体重増加の抑制

・腸内細菌の餌になり、腸内の善玉菌を増やす

といったはたらきもあると考えられています。

長いもは美容面でもとても良い食べ物だということですね。

ただ、いくらレジスタントスターチがたくさん含まれているからと言って、長いもをいくらでも食べていいということではありません。

長いもの摂取量は一日100g程度が望ましい量です。

これは小鉢一杯分程度の量です。

長いもにもでんぷんが含まれているので、食べ過ぎには注意です。

食べ過ぎることで、人によってはお腹がゆるくなってしまうこともあります。


長いもはどうしても苦手で食べられない、という方にはレジスタントスターチのサプリメントもあります。

こちらはコーヒーやヨーグルト、みそ汁などに混ぜて飲むこともできます。