須藤元気氏が立件民主党離党を表明

参議院議員の須藤元気氏が立憲民主党を離党するとツイッターにて表明しました。

「都知事選をめぐる意見の相違」と書かれていますが、須藤元気氏の都知事選についての意見はこちらです。

須藤氏は以前から半緊縮の経済政策に賛成していて、MMTの本を読んでいることなどもツイッターに書いていました。

このため経済政策において一致する山本太郎氏を応援したいため、宇都宮けんじ氏を推している立憲民主党から離れることにしたようです。

ツイッターでは賛否両論ありますが、須藤氏は立憲民主党の意向より自分自身の意思を優先した形となります。

移籍先はどこ?

反緊縮策を支持するなら親和性の高い政党はれいわ新撰組か国民民主党になりそうですが、須藤氏は比例区で当選しているので、国会議員でいる限りは去年の参院選の時点で存在していた政党に移籍はできません。

無所属のまま国会議員として活動を続けるか、辞職して他党に移籍するか、はまだわかりません。

いずれ須藤氏がツイッターで今後の活動について語ることになると思います。

(追記)須藤氏は無所属で議員活動を続けるようです。

国会議員を辞職したら誰が繰り上げ当選?

須藤氏は都知事選では山本太郎氏を応援するとのことなので、もしすぐにれいわ新撰組に移籍するつもりなら議員を辞職するしかありません。

この場合、繰り上げ当選するのは 市井紗耶香氏 になります。

この場合、モーニング娘。出身の初の国会議員が誕生することになりますが、実際こうなるかはまだわかりません。

(追記)須藤氏は無所属で議員活動を続けるとのことなので、市井氏の繰り上げ当選はないことになります。

ツイッターでの反応

須藤氏の決断については賛否両論いろいろありますが、まずは賛成意見から。

山本太郎氏にも大きな影響を与えている経済学者・藤井聡氏は須藤氏の決断を歓迎しています。

藤井氏は必ずしもれいわ新撰組支持というわけではなく、自民党の中で半緊縮策を唱えている安藤裕氏とも近い存在ですが、須藤氏が議員を辞職したのち安藤氏らとともに活動するという可能性はあるでしょうか?

今は何とも言えませんが、今後の動向を見守りたいと思います。