PS4本体の中古価格がまだ高い……

いよいよプレイステーション5の価格と発売日が発表されました。

BDドライブ付きが49980円、デジタルエディションが3万9980円という安さになりましたが、予約注文が殺到することが予想され、転売ヤーも集まってくるでしょうからPS5をすぐ手に入れられない方も多く出てきそうです。


ところで、今PS4を持っていない方の場合、今までPS4をすぐ買うか、PS5発売まで待つか迷っていた方もいると思います。

PS5がすぐ手に入らない可能性を考えると、PS4を買ってすぐゲームを遊びたい方もいるはずですが、現在コロナ禍の影響もあり、残念ながらPS4本体は中古価格も高くなってしまっています。

現在、アマゾンでは中古のPS4proが43500円という価格になっており、これならあと1万円程度出せばPS5が買えてしまいます。

PS4の需要がまだまだ高いため、この価格になっていると思われます。

ですが、この先状況が変わってくる可能性もあります。


PS5も安いとはいえ、税込では5万円を超える価格になるので、それなりの出費にはなります。

PS5がPS4の多くのソフトに対し互換性があるため、PS5を買うためにPS4を売る人も出てくるかもしれません。

PS5の需要が増えてPS4の需要が減り、PS4が中古五市場に多く出回るとすれば、それだけPS4の中古価格も安くなると予想できます。

PS4本体を安く買いたい方は、もう少し様子を見てからのほうがいいかもしれません。

なお、PS4 500GBについては、2020年9月17日現在で現在中古価格が34000円程度です。

もう少しがんばればPS5デジタルエディションが買える価格なので、できればもう少し安くなってほしいところですね。

PS4本体を売るならカイトリワールドがおすすめ

PS4の売却先が近くにない場合、カイトリワールドがおすすめです。

カイトリワールドの場合、荷物は着払いで送ればいいので送料は一切かかりません。

荷物がカイトリワールドに届き、査定価格が伝えられた後でも、納得できなければ送り返してもらうこともできます。

買取手数料や振込手数料などもかからないので、査定価格がそのまま口座に振り込まれるのも魅力的です。


現在、PS4本体の中古価格がすでに下がりはじめているので、もし売るなら早めに決断したほうが高く売れるのではないかと思います。

カイトリワールドの場合、5のつく日に申し込むと買取価格が上乗せされるので、知っておくとよりお得になります。

カイトリワールドはコチラ