PS5購入に必要な金額はどれくらいなの?

PS5の発売日がいつなのかはっきりしませんが、2020年年末なのは確かなようです。

しだいに発売が近づいているプレイステーション5ですが、必要な金額はどれくらいなのでしょうか?

正式な価格の発表はまだですが、それでも予想はいくつか出ています。

フランスのアマゾンの販売画面で、一時的にPS5の値段が表示されていたという情報があります。

この画像をスクショした方によれば、PS5のブルーレイ付属版の価格は499.99ユーロと表示されていたそうです。

こちらの動画では、デジタル版はこれより100ユーロ安い399.99ユーロになるのではないかと予想されています。

プレイステーションの価格はほぼ統一されていて、PS4は発売されたときアメリカでは399ドル、日本では39,980円でした。

PS5のヨーロッパでの価格が499.99ユーロだとすれば、日本での価格は49,980円程度になるのかもしれません。


正直、PS5のスペックを考えれば5万円程度ではかなり安いと感じますが、 元Xboxのマーケティングマネージャーだったアルバート・ペネロ氏が「PlayStation 5の価格が「500ドル(約5万4000円)を超えることは考えられない」と発言していることもあり、これに近い価格になる可能性はあります。

ブルーレイ付属版とデジタル版、どちらを買う?

PS5のデジタル版はブルーレイ付属版より100ドルほど安いと予想されていますが、長い目で見てデジタル版のほうがお得といえるかは微妙なところです。

将来中古のパッケージソフトが安く買えるようになることを考えると、1万円ほど高くてもブルーレイ付属盤を買っておく価値はあると思います。

PS4ソフトやPS3ソフトとの互換性は?

PS5でPS4のソフトやPS3のソフトも遊べれば、中古ソフトを安く買うことで金額を節約することができます。

できるだけ互換性があるのが望ましいですが、PS5には主プロセッサにPS4互換モードがあり、いずれPS4のゲームの大多数は動作するとみられています。

今持っているPS4のソフトもそのまま遊べる可能性は高いでしょう。

一方、PS3のソフトについては、UBIsoft社が「PS5がPS3/PS2/PS1との後方互換機能を持ち合わせていない 」とサポートページに記載したことが報じられています。

まだPS1~3までのソフトがPS5で遊べないと確定したわけではありませんが、PS4のソフトのようにほぼ遊べると確定しているわけでもありません。

続報が出る前にPS2やPS3本体を売るのはやめておいたほうがよさそうです。

プレイステーション5の購入金額を捻出するには……

プレイステーション5を購入するには、まとまったお金が必要です。

まずは手元のゲーム機や中古ソフトなどがあれば、これを売っておきましょう。

ゲーム機や中古ソフト、フィギュアなどを売るなら、カイトリワールドがおすすめです。

カイトリワールドは全体的な買取価格が高めであることに加え、送料も必要ありませんし、振込手数料などもかかりません。

買取価格に納得できなければ、そのまま返送してもらうこともできます。

カイトリワールドで商品を買い取ってもらった時のくわしい体験記はこちらに載せています。

カイトリワールドの買取の評判は?怪しい?減額や集荷の実態は?

ソフトなどの中古買取価格が気になる方は、一度販売ページをご覧ください。

PS4のソフトの買取価格もたくさん載っています。

カイトリワールドのサイトはこちらです↓↓

カイトリワールド 宅配買取こちら

楽天でソフトの購入金額を得る方法

現在、PS5とともに発売されるソフトのタイトルが28作発表されています。

アサシンクリードヴァルハラやバイオハザードヴィレッジなど、すぐにでも遊びたいソフトがたくさんありますね。

いずれこれらのソフトも予約可能になるはずですが、楽天市場での予約をお考えなら、これらPS5のソフトを安くできる方法があります。

それは楽天カードに申し込むという方法です。


今楽天カードに入会すると、新規入会で2000ポイントがもらえ、

お申し込み日の翌月末までにカードショッピングを1回以上利用すると、さらに3000ポイントが付与されます。
楽天カードに入会してなにか安いものを楽天から買っておけば、5000ポイントがもらえるということですね。
このポイントは1ポイント=1円として使えるので、PS5ソフトの購入にももちろん使えることになります。
楽天カードは年会費永久無料ですし、様々な特典もあるので楽天市場を利用する方なら入会しておくとお得です。

PS5の発売日はいつ?