Ru味春卷さんの名前の読み方は?

神秘的な美しさを持つピアニストYouTuberのRu味春卷 さん。

日本のアニソンを得意としていて、弾く曲のアニメのコスプレをして演奏することでも知られています。

出身国は台湾です。台湾では日本のアニメやゲームが人気で、萌え絵が描かれた電車が走っているくらい二次元文化との親和性も高い国です。

チャンネル登録者数は2020年7月現在で115万人もいるので、かなりの人気ですね。

ところでこの「 Ru味春卷 」、どう読むのでしょうか?

「味春卷」の部分については、発音インフォに漢字を入れて調べてみると「ウェイチュンヂュアン」になります。

ちょっと難しい読み方ですね。

年齢は?

https://twitter.com/ruruspiano/status/1279702689882857472
https://twitter.com/ruruspiano/status/1274265904428146693

Ru味春卷さんの年齢は公開されていません。

ですが、こうした写真を見る限りでは、20代前半~半ばくらいに見えますね。

Pan Pianoさんとは同一人物?別人?

同じくアニメキャラのコスプレをしながらピアノを弾く人といえばPan Pianoさんがいます。

こちらもチャンネル登録数が102万、アニメやゲームの曲をよく弾いているなど Ru味春卷さんと共通する要素は多いです。

台湾人だというところも同じです。

顔出しはしていないので、 Ru味春卷さんと同一人物だと考える人もいるようですが、

・Pan Pianoさんのほうが露出が多い

・弾いているピアノのメーカーが異なる

・タッチが異なる

などの理由から、別人だと思われます。

個人的には Ru味春卷さんの弾き方には柔らかさ、Pan Pianoさんの弾き方には力強さや軽やかさを感じます。

『残酷な天使のテーゼ』で比較してみると、 Ru味春卷 さんの方がかなりアレンジが多めになっています。

両者の個性の違いを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。