LUNA SEA、X JAPANのギタリストSUGIZOさんが、ツイッターで山本太郎(れいわ新選組)さんを支持すると表明しています。

SUGIZOさんは、東京品川駅南口にて行われた「れいわ祭」にも駆けつけて応援演説をしています。このれいわ祭には島田雅彦さん、茂木健一郎さんもゲストで来ていました。

今回の参院選の「台風の目」とも期待されるれいわ新選組ですが、山本太郎さんの理論的かつ熱い街頭演説に触れた聴衆は大いに盛り上がっており、思った以上に票数を伸ばすかもしれません。

SUGIZOさんのしゃべっている部分はこちらの動画で見ることができます。

この動画のなかで、SUGIZOさんは山本太郎さんについて「政策以前に、人として理念をとても信用している」と言っています。

続けてSUGIZOさんは、山本太郎さんがいつも演説で語っていることに共感する形で「皆さんがただ生まれてきたことだけで、祝福されるべきだ」と語っています。

山本さんはよく演説で「人が生産性ではかられる時代は終わりにしなくてはならない、存在しているだけでこの国にはあなたが必要なんだ」と語りかけていますが、この理念、ビジョンにSUGIZOさんは強く共感しているようです。

実際問題、芸能人の立場で政治的立場を明確にするのは、なかなか大変なことのようです。実際、先ほどのSUGIZOさんのツイートにも批判的な発言がたくさん寄せられています。ツイッターで政治的発言をすることでアカウントが凍結されたり、シャドウバンされたりするリスクもあります。

それでもSUGIZOさんがこうした発言をする理由は、こちらのツイートに表れています。

すべての政治が社会にコミットするべきという信念があり、また一個人は微力でも無力ではないからです。

政治に無関心でいることはできても、誰もが政治に無関係ではいられません。山本太郎さんやれいわ新選組の政策に賛同できなくてもいいですし、どこに投票するのも自由ですが、投票に行かないという選択は、みずから権力のコントロールを手放すようなものではないでしょうか。

もちろん、「受け皿になってくれる政党がないから投票できない」という問題はあります。ただ、私は今回、れいわ新選組の掲げる政策を見て、これでようやく本当に支持できる経済政策を実行できる政党が出てきた、と感じました。

今回、れいわ新選組が政権を握ることはあり得ませんが、それでも山本太郎さんの演説の動画を見て、ひさしぶりに政治が面白くなってきた、と感じたのも事実です。

れいわ新選組がある程度の支持を集め、消費税廃止が期待されているということがわかれば、他の野党も影響を受けて減税の方向へ動くこともないとはいえません。少数の野党でも、存在感を示すことはできます。

与党は消費税をさらに増税するつもりで選挙に臨んでいますが、このままだとさらに生活が苦しくなってしまうのは明らかなので、今回は私は少なくとも与党に入れるつもりはありません。

消費税をなくし消費を拡大する、人々が生きやすい国を目指す、そのような政党がひとつくらいあってもいいと思います。

そうした姿勢を明確に打ち出した政党として、れいわ新選組に今後も注目していきたいと思います。